町工場での作業に従事することのデメリット

給与が低いのがデメリット

職人として技術を磨くために町工場で働くことを希望する人は少なくありません。ただ町工場での作業に従事することは、給与が低いというデメリットがあります。そもそも町工場は製造業における中小企業なので、平均年収はおよそ300万円から400万円と低いです。地方の町工場の場合、年収200万円代の求人も珍しくありません。したがって、お金を稼ぎたいという方にはあまり向いていないといえるでしょう。その他にも、町工場は同じ製造業界の大手の工場と比べて、休日が少なめであることもデメリットです。ハローワークの求人を見ると、一年で取得できる休日が105日しかないケースもあります。ワークライフバランスが整っていないことを覚悟しなければいけません。

設備に恵まれていない

町工場はそれほど儲けがないことが多く、資金面で苦労しているところが少なくありません。したがって、町工場の設備などにお金を割く余裕がなく、職場環境があまり良くないのもデメリットといえるでしょう。建物自体はもちろんですが、機械も使い古されていて汚れていることが多いです。町工場できれいな職場というのは極めて少ないですよ。したがって、潔癖症の方は働きにくいといって過言ではありません。さらに、工場によっては溶接を行うこともありますが、熱を外に出す機器が設置されてない工場もあります。つまり、夏の暑い時期は汗を大量に流しながら働かなければいけません。このように職場環境に恵まれておらず、人によっては働きにくいと感じるでしょう。