地方の工場で働く期間工のデメリット

住む場所が見つかりにくい

地方の工場で働く期間工は住む場所が見つかりにくいのがデメリットです。工場はもともと地価が安い地方に建設される傾向があります。大工場ほど住宅街から遠く離れたところに立地していることが多く、街中から通おうとすると片道一時間くらいかかってしまうことも稀ではありません。工場で働く社員の便宜を図るために社員寮を用意している工場もあります。ただ、期間工が中心の場合には単身寮がほとんどで、家族で住みたいときには自分で住む場所を探さなければならない場合がほとんどです。期間工は一時的な住まいを手に入れる必要があるため、なかなか良い賃貸物件を見つけられず、住み方についてもどうすべきかで悩んでしまう傾向があります。

給与水準や作業環境が悪いことがある

地方の工場で働く期間工は待遇に不満を抱くことが多いのもデメリットです。給与水準が都会の工場に比べて低い傾向があります。手当が手厚いこともあるので一概に言うことはできませんが、具体的に毎月どのくらいの収入を得られるのかを計算してみた方が良いでしょう。また、作業環境がきちんと整えられていなくて、劣悪な環境で働かされることもあります。衛生環境については改善されている工場がほとんどなので安心でしょう。しかし、設備の充実度や労働時間の管理などは完璧だとは言えない場合が多くなっています。都会に比べると整備が遅れている傾向が強く、現場も慣れてしまっていて改善しようという動きがないこともあるので気を付けましょう。